HOMEWORKSWORK2014


2014.11.27 吹田市N邸 育てる剪定による、自然樹形の造り直し 
AFTER



BEFORE
 
短く切り詰められた剪定の結果、ひと夏でこんなに茂る樹木になってしまいました。
昨年のご依頼時に自然樹形に直すことが難しいと判断し、
茂った樹木の中に優しい枝葉を育てておきました。
今回の剪定により、まるで植え替えたみたいな変化を遂げることが出来ました。
今後はこんなに枝が混み合うことはないでしょう。


「大きくしたくないから小さく剪定する」、「鬱蒼と茂るから短くすっきり剪定する」は逆で、
自然樹形を崩さずのびのびと育てることの方が樹木の大きさを維持するには大切で、
好みの大きさで維持するには植物の性質を考慮した剪定がポイントになります。





2014.10.30 松の剪定について

長く伸びた芽を切りとって短い芽を残すというのが一般的に浸透している
剪定方法なのですが、アトリウムでは長く伸びた芽も切り詰めることなく育てていきます。
そうして育った枝は結果的に伸びすぎず乱れない自然な枝葉に生長するのです。







自然樹形の松は雑木の庭におすすめで、仕立てられた松よりも、維持管理の費用も抑えることが出来ます。






2014.10.21 大阪府吹田市H邸 シマトネリコ剪定 年間管理
AFTER



   
BEFORE  AFTER
昨年の剪定により、いい感じに生長していましたが、お隣にはみ出した枝が少し気になります。
日当たりの条件や枝の感じから判断し、来年はもっとはみ出すことが予想されたため、
御施主様と相談の上、取り外すことになりました。
限られたスペースの中で樹木を管理していくには大きな枝を外すことも必要ですが、
それでも樹形が乱れていく原因とならないように剪定するのもアトリウムのこだわりです。





2014.10.12 大阪府豊中市I邸 シマトネリコ剪定 新規

   
 AFTER  BEFORE





2014.10.11 大阪府豊中市H邸 松剪定 年間管理
AFTER






2014.10.10 アトリウムオフィス
アトリウムが手がけるお庭の空気感を実際に感じて頂けるように、
オフィスまわりを森にする計画。少しずつですが樹木が入り始めました。
同時にアトリウムオリジナル仕様のアイアンやウッド製品も各種ご覧頂けるように準備中ですので、
楽しみにしていて下さいね。
 







2014.9.27 豊中市N邸 剪定

2011年以来の剪定ということで木も大きくなっていましたが、
3年で茂った木は3年かけて戻すイメージで剪定していきます。
早くすっきりさせようと枝を透かし過ぎたり、樹形づくりを急いでしまうと
自然な生長のバランスを崩してしまいます。
今回の見栄えを重視するより、中味を充実させることで結果的に伸びすぎない茂らない木へと生長してくれます。

今回は重なり合った大きな枝のみを外し、全体に光が通り抜けるようにしたところでストップし、
樹形つくりや中小の枝は来年以降に剪定していきます。

AFTER


BEFORE


AFTER


BEFORE



AFTER






2014.9.22 豊中市S邸 剪定 年間管理
AFTER






2014.9.22 吹田市S邸 剪定 年間管理
AFTER


AFTER

シマトネリコは枝を細く長めに、ひと枝につく葉の量は少なめに剪定することで、
一定の大きさを保ってうまく管理できます。








2014.9.11 池田市K邸 剪定 年間管理
犬とネコが家と庭とを自由に行き来、庭の小さな池には亀や魚、植物にはテントウムシなどの昆虫たちも住んでいます。
中でも驚いたのは庭の置物の中に作られた蜂の巣です。
一般的には危険とされる蜂にまで住まいを提供する優しさには感動しました。
ここに来るものはどんなものでも受け入れる、そんな素敵な家のご紹介です。
当社へご依頼頂いておよそ7年ですが、以前はメタセコイヤなどの大きな木も、
植木屋さんが手の届く大きさに切られていました。
しかし、小さく切り詰めることで、返って庭を暗く、狭くしていた印象でした。
現在はゆったりと大きく枝葉を伸ばし、たくさんの木漏れ日が出来る涼やかなお庭になっています。
敷地は面積だけでなく高さも有効に活用し、大きな木と小さな木のメリハリのあるお庭へ育てていきたいと思います。

AFTER


AFTER


AFTER


AFTER


AFTER



BEFOR
1年ぶりの剪定のご訪問。作業前でもこんなに素敵な状態です。



どんなお家でも、かっこいい素敵な住まいになる要素を充分に引き出します。
どんどんご相談下さい。





2014.9.9 スーパームーン






2014.9.8 豊中市I邸 剪定 年間管理
AFTER






2014.8.29 豊中市S邸 剪定 年間管理
AFTER


作業中

以前から切れるタイミングを待ち望んでいた下枝を今回外しました。
枝ひとつでもお庭の景色が変わるので、慎重に確かめます。
お部屋の中からも確認させて頂き実行。
これからもどんどん変化していくお庭が楽しみです。


茨木市S邸 剪定 年間管理
AFTER







2014.8.28 欠点の捉え方について

樹木の幹は景色の中でもとても重要なポイントです。
太さは迫力を、細さは繊細なイメージを、曲がりや幹肌は「味」を感じさせます。

しかし、長年の切り詰めにより不自然に曲がった幹はどちらかというとマイナスポイントで直すことも困難です。
もちろん、心地良い空間づくりのためには他にもいろんな欠点を取り除いたり、
気にならなくなるような工夫をしていますが、よく観察すべれば感じるかもしれません。

そんな欠点の捉え方について、僕自身は木も人と同じという考えを持っています。
それは過去の傷跡のようなもので、多少の欠点はそれを上回る魅力を備えればすべてにおいてOKだと思っています。
また、その地で生長した樹木の歴史にはいろんなサブカルチャーも詰まっていることでしょう。、
欠点も感じ方一つで、愛おしいものに変わるのではないでしょうか。

庭を任せて頂いている者として、そいうところもお客様と一緒に育てていければ嬉しいです。





2014.8.25 川西市I邸 剪定 年間管理 「生長しても枝葉が混み合わない」
AFTER

手前からモミジ、クロガネモチ、シラカシ

BEFORE

昨年の剪定より一年経った、手入れ前の状態でも枝葉が混み合うことが殆どない状態に嬉しい限りです。
年に一度の剪定で、手入れの直後だけでなく一年中爽やかなローメンテナンスのお庭を理想としています。


AFTER

あまり切っていないようですが、かなり大きな枝も外しています。
人の手が加わっていないような自然な仕上がりにもこだわっています。



一本の樹木から、こんなにたくさんの枝葉をはずします。


当社に初めてご依頼頂いた3年前は枝が密集した状態でした。
まずは育てる枝と取り除く枝の選別から始めます。。
この作業は何年も先の生長を予想しながら進めます。
BEFORE 3年前

剪定は、枝を切り取るのと同時に自然に伸びる枝を育てていくことが大切です。
途中過程では「もっと切ってほしい」と感じられることもあるかと思うのですが、
御施主様のご理解があってこそ素敵な生長を遂げるので、充分にご相談しながら作業を進めています。


BEFORE 3年前

長年、切り詰められたモミジは枝葉が密集していました。


AFTER 現在


ご依頼頂いてから3年間の手入れにより、
3年前とは同じ木に見えないくらいに爽やかな木へと変わったと思います。





2014.8.22 豊中市K邸 剪定 年間管理

AFTER

左手前 アオダモ  右奥 ジューンベリー
お客様の手作りの赤い扉の小屋をバックに植物がよく栄えています。


AFTER


BEFORE






2014.8.21 豊中市T邸 剪定 年間管理

剪定作業中

時には部屋の中からの景色も確認しながら剪定していきます。
幹や枝の自然な動きは美観にも とても大切で、アトリウムではたとえ枯れ枝であっても、
自然に朽ちるまで放置することも よくあります。





2014.8.17 「部屋と庭をつなぐ」をテーマに。
背の高い樹木やお庭のアイテムなどを実際にその空気感の中で観て頂きたくて、
自分たちの手で事務所の空間づくりを仕事の合間を縫って進めています。
完璧なものではなく、欠点もまた魅力。そんな感じでいこうと思います。



外と中の境界を少しでもなくしたい、そんな思いから室内にも大きな植物をいれています。
また、部屋を植物で遮ることで部屋に奥行きが出るのではないでしょうか。


トイレも自分たちでリフォームしました。
壁面や棚は普段から買い貯めていた材木を取り付けました。
AFTER
 
材木の製材痕や割れもシミも、好きなので殆ど手を加えず使用しています。
ガラスの電球カバーをとりはずし、ツタを使った装飾は妻が担当しました。
飾りつけなど細かなことは、やはり女性の感性の方が優れているようです。



BEFORE
 
リフォーム前を撮り忘れていたので2Fのトイレを参考までに。





2014.8.16 育てていく剪定について
樹木の育て方で家は大きく変わると思います。幹を見せたい場所や枝葉で包みたい場所とか、
何年も先の未来を予想して枝を育てたり、外したりする剪定が素敵な家づくりには必要で、
年月を積み重ねた樹木とその家の雰囲気は新築にはない味わいのある空間へと変わっていきます。
もちろん、建築や作庭段階などのなるべく早い時期での計画が最も大事なのですが、
どの時点からでもスタートできます。アトリウムガーデンは心豊かな生活を望む誰もが、
ご依頼頂けるような年間管理計画をご用意しております。





2014.8.15 事務所より お盆休み




土壌の中に水がたまらないように暗渠排水管を設置する溝を掘ってます。
 
植物が元気に育つために土壌の水はけ(排水)が最も大切であることを
今更ながらに認識し、土質の他、地形、排水システムなど、より効果的にするには研究することが山積みです。
特に暗渠排水についてはアトリウム独自の工夫を凝らしたものに改良していこうと思っています。





2014.8.12
豊中市 W邸 剪定のご依頼

AFTER









2014.7
豊中市 ハウスクリエイト シンコー様 剪定のご依頼 (ご新規)
AFTER


AFTER


BEFORE




住宅地なのに天然のカブトムシが・・環境のいいところにはいてるんですね。
アトリウムでは普段から掃除の際には土の上に落ち葉も適度に残すようにしてるのですが、
カブトムシの寝床を奪わなくてよかったです。





2014.8
豊中市 M邸 剪定のご依頼(ご新規)

AFTER

作業をしてみて、良くなる兆候がたくさん見つかり、数年後が楽しみなお庭です。

BEFORE






  松の剪定  豊中市 T邸
Befor   After
   
   
   
  シマトネリコの剪定  吹田市 I邸
 Befor   After
   
   




▲ PAGE TOP